スポンサーリンク
◆パンターD型(極初期)632号車

パンターD型極初期生産車〜車体塗装

Twitterではだいぶ前に紹介してるのにいまさら感満載ですが「製作記」としてこちらも疎かにしてはならないと、ね。 最後にYouTube動画も載せております、お楽しみに。ではパンターD型632号車車体塗装開始! サフ吹き後にを白で大...
2019.10.23
◆ヴィットマン・タイガーS04

偉いぞミニアート

東欧ウクライナの模型メーカー「MiniArtミニアート」 「このキット買う人どんだけいる?」っていうキットを次々にリリースしてファンを驚かせるのが得意です。 一昔前は個人経営みたいなマニアックなメーカーがレジンキットで出すのが当たり前だっ...
2019.09.30
◆ヴィットマン・タイガーS04

キューベルワーゲン塗装〜仕上げ

油彩は楽しいけど、もう作業場がわちゃわちゃになるのが悩ましい・・・・ ヴィットマン・タイガーのジオラマ用のキューベルワーゲン。この記事「キューベルワーゲン製作」の続き。 車体の基本色はダークイエロー、ガイアカラーの201ドゥンケルゲ...
2019.10.08
スポンサーリンク
◆ヴィットマン・タイガーS04

撮影の人たちを塗る【ドラゴン ティーガーI 初期生産型 ミハエル・ヴィットマン仕様 DR6730】

ヴィットマンタイガーのジオラマに登場する「撮影隊」の人たち この人たちね。 ラッカーのフィールドグレーを地塗りして、肌の露出部分にはラッカーのサンディーブラウンとダークイエローを混色したものを塗る。 明暗は...
2019.10.20
◆ヴィットマン・タイガーS04

ヴィットマン・タイガーの人々【ドラゴン ティーガーI 初期生産型 ミハエル・ヴィットマン仕様 DR6730】

小物製作に引き続き、フィギュアの製作。 多分アルパインのミハエル・ヴィットマンのキットのスペアヘッドの将校用旧型略帽のものがあったので、キットのものと交換。 キットのフィギュアは、記念写真撮影時の肩組みポーズのものなので、各人ポ...
2019.10.20
◆雑感

Twitterだ!

最近ツイッターに目覚めました。方々から「やれやれ」と言われてたのに、食わず嫌いでした。便利です、面白いです。模型の写真もスマホで撮ってたらツイッターに送る方が楽ですね〜。 今すぐフォローだ!!→  あ、ちなみにこっちのブログでは相変わらず...
2019.09.19
◆ヴィットマン・タイガーS04

ヴィットマン・タイガーの小物たち【ドラゴン ティーガーI 初期生産型 ミハエル・ヴィットマン仕様 DR6730】

連続投稿で製作がとっ散らかって感じますが、現実もそうです(笑) こちらはヴィットマン・タイガーS04号車のジオラマ用の小物作り。先回製作報告したキューベルワーゲンに乗ってきた広報の兵士が使うカメラ類を作っております。 リューターに1...
2019.10.20
◆パンターD型(極初期)632号車

パンターD型極初期生産車〜デッキ上の荷物の増設

パンターD型632号車のOVM製作に引き続きデッキ上の荷物の製作。 この矢印部分。どっかでパクってきた椅子やらテーブル。最後端左右には後付けの木箱が設置されてるようです。 タミヤのプラ版でちょちょいちょい〜と箱組んで、カッターナイフでし...
2019.09.30
◆パンターD型(極初期)632号車

パンターD型極初期生産車〜OVMの製作

パンター戦車の特徴的なOVMの取り付け部分。こういうところ。車台側面の傾斜部分に数個ずつまとめて取り付けられています。 取り付けの基部はキットのものでも問題ないのですが、上に乗る取り付け金具の接着強度をハンダ付けによって高めるためにエッチン...
2019.09.30
◆パンターD型(極初期)632号車

パンターD型極初期生産車。作ってま〜す。

タミヤです!タミヤの新しめのキット作らせてもらってます。なんだろう?このワクワク。タミヤのキット作るとき独特のワクワク感。ドラゴンとか海外メーカーのキット作るときの「さあ、やるか!」っていう気合いとはぜんぜん違うワクワク感。 パンターD型...
2019.09.30
◆ヴィットマン・タイガーS04

キューベルワーゲン作ってます

ひさびさのソフトスキン製作。 TYPE 82 キューベルワーゲン。ちょっとだけディテールアップ。 これといった改造をするんじゃなく、中途半端に接着してドアを半開きに固定したり、、、、 取り付け角度を歪めて接着したりしてちょっと...
2019.10.15
◆道具・材料

ウェーブ コンプレッサー218(エアタンク付)

20年以上使用しているコンプレッサー。八重崎空圧の「ホーミー」っていう機種で、購入当時羽振りが良かったのか超高価なものでした。サイズが大きすぎる以外は作動音もそこそこ静かでパワーも充分、タンクが付で繊細な吹き付けも安心な優れものでした。が、...
2019.10.15
◆ヴィットマン・タイガーS04

タイガーS04号車〜ウェザリング【ドラゴン ティーガーI 初期生産型 ミハエル・ヴィットマン仕様 DR6730】

前回からの続き。転輪周りスカート下は乾いてこんな感じ↓ 写真は前回と反対側ですが、左右とも同じです。 外側転輪を外した箇所はベースカラーのダークイエローで、外してない箇所は冬季迷彩の白が残ってる状態。でも、だいぶ前から転輪外しているので...
2019.10.20
◆ヴィットマン・タイガーS04

タイガーS04号車〜塗装【ドラゴン ティーガーI 初期生産型 ミハエル・ヴィットマン仕様 DR6730】

一旦三色迷彩で塗っておいて、その上からエナメル塗料で白一色に。その後エナメル溶剤を含ませた綿棒や筆で塗料がいかにも剥げそうな箇所を擦っていきます。 最近はヘアスプレーを使った剥がし技法が流行ってますが、、、というかほぼ当たり前状態です...
2019.10.20
◆ヴィットマン・タイガーS04

タイガーS04号車〜組み立て【ドラゴン ティーガーI 初期生産型 ミハエル・ヴィットマン仕様 DR6730】

製作開始からかなり時間が掛かってますが、じっくりとヴィットマンタイガーS04号車の製作も進んでおります。前回の記事などで復習しつつ読んでみてくだされ。 設定当時のS04号車の特徴で砲塔の交換用予備履帯は左右それぞれ1個ずつ残ってる状態...
2019.10.20