スポンサーリンク

ガンプラみたいな塗り方

いつもは全部組み上げてから塗装するのですが、ゴム製リム転輪の塗り分けが面倒なので、足回りは別々に作業を進めます。

起動輪と誘導輪は接着してしまったのでここまでしかバラせませんが、塗り分け作業にはこれで充分です。


最近はサーフェイサーを塗らないのに凝ってます。一番の理由は、いたずらにディテールを潰さないことへの予防策。そこそこに効果はあります。ということで成形色にいきなりシャドウ吹きしまして

バラした転輪も同様に塗装します。

OVMはドラゴンの「タイガ−1後期型」とかスマートキット「4号戦車」とかの余り物パーツとアベールのエッチングパーツを組み込みます。

アベールの車載工具固定具。コイツはなんと可動式! なんだかこういうところワクワクしますね〜。最後は接着しちゃうけど。

コメント