スポンサーリンク

タイガーちょっと汚し

シャーマンM4A3をちょっと休んで今回はタイガー極初期型の続きをば。
車台側面までだった「汚し」を車台天面〜砲塔まで進めました。気がつけばこのタイガー、組みだしたのが昨年の8月頃だったので、もうそろそろケリをつけなくてはいかんです。
↑上が施工後。↓下が施工前。

砲塔の下部ターレット付近、暗〜明の縦のボカシをわざとらしいぐらいに施しています。この黄色い車体は明度が高くて光を反射しやすく立体感がでにくいので、意図的に強めに暗くしています。効果の程は・・・ま、イイでしょう。

砂漠の戦車ですからコイツの登場。ヌーベル社のパステル。

パルテルを表面に擦りつける方法もありますが、この「粒子感」のような感じが欲しかった。

兵士が砲塔天面を歩いてできたであろう靴底からこぼれた土汚れ。これは塗料ではなかなか表現できないので、油彩のフィルタリングが乾かないうちに粉パステルをふりかけて表現します。
なかなかイイ感じですが、もう少しメリハリは必要な気がするので更に汚しをかけましょう・・・次回に続くっ!!

コメント

  1. 宮崎 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    タカペさん新年初めまして!
    下から2番目の平面部分の感じはとてもいいですね!
    パステルを擦りつける方法もありますが・・ってことは、違う方法なんですね。
    溶剤に秘密?それとも筆を用いた立体的表現にコツ?なのでしょうか。
    気になりますねー。 Like

  2. だちびん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    あけましておめでとうございます。
    タイガーたまらないですねぇ~~!!さすがです。勉強になります。
    側面の『粒子感』ってよくわかります。
    いい感じですね!!
    自分は、一部の迷彩ですが、アクリル塗料でわざとムラを作り、そこにパステルで擦り込んいます。
    大した作品では、ありませんが、ヤフーフォトにUPしております。
    M4シャーマンの冬季迷彩(?)がそうです。
    http://photos.yahoo.co.jp/ph/omichan_dream_agent/lst?.dir=/&.src=ph&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/ph/omichan_dream_agent/vwp%3f.dir=/e5fa%26.dnm=b758.jpg%26.src=ph&.view=t

    長々と書きましたが、今年もいろいろと勉強させてください。
    それでは、今年もよろしくお願いします。 Like

  3. plamolog より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >宮崎さん
    新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
    パステルの塗布方法ですが、そんなに大したことじゃなくて
    予め下塗りした塗料が乾く前にふりかけるだけなんです
    擦り込むようにすると微細な粒子感は残るのですが、やはり平面的で変化に乏しい。ふりかけの方法だと比較的大きな粒が残るので粗い粒子感が残るといった具合です。
    35倍したスケールだと埃と砂利ぐらいの違いかと思います。まあ、あくまでも感覚ですが・・・。 Like

  4. plamolog より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >だちびんさん
    あけましておめでとうございます。
    作品写真拝見しました!!冬期迷彩から浮き出た赤サビがたまらんです。丁寧に作られていますね。
    塗料の上からのパステル擦り込みは僕もやってます。今回は砂漠の戦車なので、ラッカーで塗った色なんか隠れてしまって、車体全体がパステルの色になってしまいました(笑)

    こちらこそ今年もよろしくお願いします!! Like