スポンサーリンク

US.コンバットクルー完成?

本業と今後の模型製作に悪い影響が出そうだったので強引に米兵座りポーズ5体全部の塗装を完了させた。


今回はエナメル塗料の油彩ライクなブレンディングをテーマに、1m離れて見てもディテールの強調が出来るか試してみた。このキットは発売から30年は経とうかという物で、モールドはかなりゆるめ。最近のドラゴンなんかのキレにキレまくったシャープなモールドの商品と比べると可哀想なぐらい。強力なコントラストをつけるぐらいで程よい見え方をするのではないかと思った次第。


結局かなりモールドの修正と彫り増しをしたが、塗装のコントラストを上げる事で最近のフィギュアキットにも肉薄できたのではないかと(?)。最も、はじめからキレたモールドは入っていれば塗装も楽でそれにこしたことは無いのだが・・・。とりあえず満足、満足。

コメント

  1. crazysoldier より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いやぁいいお顔ですね(笑)
    またまた4年前の記事にコメントさせていただきます。
    これは、しわを新しく作っているのですか?
    もしそうなのであれば、何を使っているのですか?
    私は昨日、これと同じキットを買ったのですが、こんな顔ではありませんでしたし、しわもヌメっとした感じでした。
    いったいどんな改造しはったんですか???? Like

  2. plamolog より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >crazysoldierさん
    コメントありがとうございます。4年前なんですねこれ作ったの。自分でもびっくりです。
    さてこのキット、かなり古いものなので、モールドのあまい箇所(殆ど全部ですが)は彫り直してます。ヘッドもホーネットのものに交換しています。
    このころのキットはね・・・仕方ないですね(笑)
    頑張って作ってみてください! Like