『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ブラッド・ピット演じるクリフ・ブースを塗る。

高級時計か宝石でも入っているようなクッション入りの化粧箱で届いた1/6アクションフィギュアの替えヘッド。映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でブラッド・ピット演じるクリフ・ブースである。
「似てる」とか言うのが逆に失礼なくらい、そのもの生き写しの超リアル造形の原型であります。

Mr.フィニッシングサーフェイサー1500ホワイトをひと吹き。

Mr.カラー51薄茶色を基本色として下地作り。

この4色足し引きしながら肌色を調色しまして・・・

この映画のブラッド・ピットは日焼けしたようなお酒で火照っているような顔色。ちょっと赤味強めで基本の肌色完了。

白目

黒目、、、あー来たブラピ来た。

瞳の虹彩の描きこみ。

瞳の光沢の作成。UVレジンででっぷり分厚いクリア層を作ります。

眼球の見えている部分全部じゃなくて黒目の部分だけ重点的にクリアを盛っていくのがポイント。それ以外はアクリルクリアを塗っておく程度に留める。

ブラピの唇は紅をひいたようにしっかりピンクなのが特徴。奥の方から手前になるほど薄くしていくといい感じ。

ちょっとだらしない感じの微妙に伸びたヒゲは重要。

下瞼、眼球直下、涙袋上のハイライトライン。

上瞼。ほとんど白のイエローオーカーぼぼかし塗り。

額の傷でクリフ・ブーズの出来上がり。

完成!!

コメント