スポンサーリンク

タイガーS04号車〜塗装【ドラゴン ティーガーI 初期生産型 ミハエル・ヴィットマン仕様 DR6730】

一旦三色迷彩で塗っておいて、その上からエナメル塗料で白一色に。その後エナメル溶剤を含ませた綿棒や筆で塗料がいかにも剥げそうな箇所を擦っていきます。

最近はヘアスプレーを使った剥がし技法が流行ってますが、、、というかほぼ当たり前状態ですが、、、私は未だにこのやり方。

一方カラーモジュレーションはがっつり流行に乗って、既に必須の作業になってる感あり。
三色迷彩の上に冬期迷彩の白がかぶってて所々剥がれてる状態の、どのタイミングでカラーモジュレーションを施すかは悩みどころですが、私は剥がし作業まで終わったウェザリング直前の段階で施します。白に対してグレーを乗せて立体感を強調していきます。

カラーモジュレーション終わった状態。

ここからウェザリングへ突入。

薄い油彩とパステル粉をで進めます。〜次回に続く〜

コメント

  1. waffe_pzkpfw より:

    SECRET: 0
    PASS:
    S04号 カメラマンやカメラはどうなったのか?・・・とか この作品とても気になります! Like

  2. plamolog より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >waffe_pzkpfwさん
    カメラマンとカメラもシコシコと作っております。それ以外にもキューベルワーゲンなども登場したりします。お楽しみに! Like

  3. Marco より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは、申し訳ありませんが、日本語はうまく理解できません.Google翻訳者を使用しています。 冬の迷彩は、ヘアスプレーテクニックを使いましたか? Like

  4. plamolog より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >Marco様
    お返事遅くなり申し訳ありません。
    ご質問の「ヘアスプレーテクニック」ですが、やっていません。
    便利な技法のようですが未だにやったことがありません。 Like