スポンサーリンク

祝、グスタフ完成!

今回の製作メインイベントの水表現は一番最後の作業。本体の塗装も情景製作も終えて納得した後に水(日新レジン社のクリスタルレジン)を流し込みます。コレ初体験でかなりの緊張感のなか「打倒気泡!」を合言葉に、ゆ〜っくり注いでそれでもできた気泡を楊枝で追い出して、慎重に慎重に作業を進めました。・・・が、24時間後ガチガチに硬化後確認したら・・・気泡あるじゃんか!。しかも透明すぎるからよく目立つ!。まっ、いいか、初めてやし、これはこれで。しかし透明度高いなぁ、水道水のようだ。次回からはちょっと色をつけよう。

というわけで、パイロットを乗せて完成!!。
有刺鉄線は銅線から自作したが、もの凄く面倒くさかった。おそらく二度と作ろうとは思わないだろう。
※情景データ
地面の土:園芸用の砂・小石・溶きパステル
草:ほぐし麻ヒモ・KATO24-337フィールドグラスFG174
鉄条網:銅線0.3mm
柵支柱:タミヤ・プラ棒丸5mm
川の水:日新レジン社・クリスタルレジン

コメント

  1. 二等軍曹 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    初めまして。
    いきなりで、すいませんが、有刺鉄線の作り方を教えて頂けませんか? Like

  2. plamolog より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >二等軍曹さん
    非公開コメントにオープンで返信ごめんなさい。やり方がわからなくて。
    有刺鉄線の作り方は、本物のような複雑な方法ではなく、幹になる直線部分に等間隔で刺になる針金巻き付けて瞬着で留めてるだけです。やってみると案外簡単で見た目イカしてますよ。お試しあれ。 Like

  3. 二等軍曹 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    どうも、ありがとうございます^^ Like

  4. plamolog より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >二等軍曹さん
    どういたしまして。またご質問がありましたらコメントください。 Like