スポンサーリンク

ファーストタイガー完成!!

耳付きのファーストタイガー100号車。完成しました!


前面の「マムート」マークと車体の見た目はやっぱり関係があるのかな? やっぱり象ですよ象。


キットは素晴らしいの一言。タミヤのタイガーにもの足りなさを感じてるけど、アフターパーツやら追加工作はイヤって人には是非作ってもらいたいキットです。まあ、キットレポートなどは仙波堂さんのHPをご覧頂いた方が判りやすのでそちらをどうぞ。



車台側面は何にもなくてあっさりしてます。この時期のタイガーの特徴の一つで、履帯交換用のワイヤーも無ければ、サイドスカートもありません。はみ出した履帯から巻き上げられるであろう土埃で、単調な装甲面に変化をもたせています。


この時期のタイガーは、左用右用とそれぞれ専用履帯を使用しており、おのずと交換用の予備履帯は2種類用意されています。


左下の写真。第一転輪の外側は外しているのがポイント。露出した取り付け部も正確(たぶん)に再現されています。この「第一転輪外し」は、起動輪の外しやすさなどのメンテナンス性向上のために、後々の車両でも伝統的に行われていたようです。


その他、最初期型独特のレイアウトなどをば。


車長フィギュアはタカハシモデリングのメル・ギブソン似の彼。腹の辺りの横シワがイイ感じです。首に巻いた白いスカーフがエリートっぽいですな。


右腕はハッチ位置を避けるように角度を変えて改造しています。ヘッドフォンと帽子のツバはツヤ有りの黒を塗っています。

はぁ〜疲れた、と言いたい所ですが、全然ストレス無しで出来てしまいました。不思議と疲労は感じません。やっぱりこのキット秀逸ですよ。
今度はこのキットをベースにエアクリーナー付きの初期型とか作りたいな〜。

コメント

  1. おとしぶた より:

    SECRET: 0
    PASS:
    御無沙汰してます。

    フィギュアの塗装は顔の塗りの素晴らしさもさることながら、
    服の皺の日なた日影の塗り分けに感服いたしました。
    左手袋の油汚れも勉強になります。

    タイガーの塗装の仕方、風合いの出し方を、
    一つ一つ読み解くだけで膝を打ったりうなづいたり。
    大変目福でございました。

    これからも頑張ってください。
    Like

  2. タケ より:

    SECRET: 0
    PASS:
     はじめまして。
    最近、本格的にAFV模型を始めているモデラー気取りの男子です
    このサイトを知ってから毎日むさぼるように見ており、楽しませてもらっております
    アーマーモデリングで見て感激した作品がここで詳しく見れるとは。。。
    偶然見つけたとはいえ、うれしく思った次第です

    これからも日記の更新、楽しみにしております 
    Like

  3. plamolog より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >おとしぶたさん
    そうなんです。フィギュアのシワは一本一本明暗をつけてるんですよ〜。判ってもらうと嬉しいなぁ。
    手袋の油汚れは・・・意図して無いんですが・・・、ま、そういうことにしときましょ(笑)
    Like

  4. plamolog より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >タケさん
    はじめまして。ようこそ! 毎日むさぼられていますか(!笑)ありがとうございます。
    偶然とはいえこれも何かのご縁ですね。製作の参考になるかどうか、できるかぎり真面目に書いていきます。
    今後もどうぞよろしく。
    Like

  5. JJ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    御無沙汰してます。完成お疲れ様でした!

    僕の中では中須賀さん=「タイガー、シャーマン」のイメージなんですが(笑)今回も眼福なタイガーを見せていただきありがとうございます!

    戦車長もデキる男感が漂ってますね!いいものを見せていただきました♪ Like

  6. plamolog より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >JJさん
    『中須賀さん=「タイガー、シャーマン」』・・・嬉しいですね〜、現実はともかく、そういう印象を持っていただくのは嬉しい! さらに磨きをかけなければいかんですね。

    戦車長は背筋もシャキッとして新型兵器に搭乗するエリートの雰囲気ビンビンですよね。 Like