スポンサーリンク

ゆるりとキャタピラ製作

タイガー1極初期型キャタピラ周辺の塗装しております。

AFVクラブの可動式履帯、なかなかの男前です。
さて、今回の塗装の解説ですが・・・

成形色が焦茶色なのでサフは吹かずに塗装します。ベースにする色は、ラッカーの「ジャーマングレー」+「レッドブラウン」+「つや消しブラック」。「レッドブラウン」の比率でサビっぽくするか新しめにするかを調節します。今回は砂漠設定なのであまり錆びていない状態で進めます。



油彩のペトロールかアクリル溶剤で全体を軽く湿らせておいて、粉パステル数色をランダムにのっけていきます。最後に筆でゴシゴシ擦り込むようにブラッシング。

綿棒などで接地部分のパステルを落として、そこに5Bくらいの鉛筆で金属感を表現します。

左が施工前、右が施工後。接地部分より奥まった凸部分にも鉛筆を塗っているので、ディテールの情報量は増えましたが、左側の何もしないのもリアル感ありますな〜。



ガンプラ方式でバラバラにして進行しております。気持ちの問題だと思いますが、全部組み付けて塗装するよりくたびれます。どうもペース遅くなります。



ざっと汚しまで終えたところ。この後ハイライトいれますが、この辺で組立ててしまいましょう。

コメント

  1. だちびん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いつも製作に関して参考にさせてもらっています。
    ほほぉ~~5B鉛筆の鉛筆~~さすがです。
    また勉強になりました。 Like

  2. plamolog より:

    SECRET: 0
    PASS:
    参考になりましたか!!5B鉛筆。
    だちびんさんはじめまして。ようこそ。
    この通り作ればバッチリ完璧に完成しますよ、というものではありませんが、、、
    履帯の剥げには「銀ブラシ」という場合もありますが、鉛筆でやると控え目で鈍い輝きが出て雰囲気がありますよね〜。 Like