スポンサーリンク

セコいのかオレ!

根っからの貧乏性の僕は、原油価格高騰によるタミヤ製品の値上げに過剰反応して、模型店の店頭に並ぶ「旧価格」のタミヤ製品が気になって仕方ない。
もういい大人なんだから、そんなこと気にせず欲しいときに値段なんか気にせずサラっと買えば良いものを、今後いつかは作る可能性のあるキットの旧価格版をついつい「押さえ」的に買ってしまう。ガソリンの値上げ前とかタバコの値上げ前の、いわゆる「駆け込み需要」には乗ったりしなかったのに、プラモデルとなると完全に慌てている自分が居る。
「今日から値上げね」という日以降、いきなり全販売店の商品が一気に値上げしたわけじゃなく、在庫分は旧価格のまま販売するカタチになったのは「なかなかエライじゃないか小売店」とエールを送りたい。最もタミヤの商品パッケージには定価ががっちり印刷されているから、仕方ないんだろうけど・・・。
値上げ発表からしばらくの間は、ほとんどの商品が旧価格のままだったのですが、最近になって新価格モノが店頭に並びだした。商品の動きがよくて、仕入れの担当さんが真面目な店なんかは、同じ商品が新価格と旧価格で並べて積んであったりして、そんな状態を見ると僕なんかは猛烈に焦って旧価格版を買っちゃうわけです。家に帰って本当に必要なのか?と思ったりして、ある意味「安物買いの銭失い」な状態に陥っている毎日です。

というわけで、
タミヤ製のキング・タイガーの製作に突入しました。購入はもちろん旧価格で(笑)
車台部分がほぼ完成。ひじょ〜に楽に作れますこのキット。なんだか、傾向的に大きな重戦車って作るのが楽な気がするのは僕だけでしょうか?

組立てがスムーズなので、ちょこっと牽引ワイヤーをいじったりして、キットのワイヤーの先端部を切り離して1mmの穴を空けて・・・

ホームセンターで切り売りしている1mm径のステンレスワイヤーを差し込み「半分本物」の牽引ワイヤーにする。

クリーニングロッドも真鍮パイプと真鍮線で工作しました。「留め金」はエッチングパーツで・・・とはいかず、0.3mmのプラ板で作りました。む〜ん、こんなところプラ板で作るなんて、セコいのかオレ?
セコいと思われたままではしゃくなので、ドカーンとエッチングのメッシュグリル付けました!車体後部は網だらけです。

しかし「キング・タイガー」って凄い名前だなぁ。もう絶対誰が何と言おうと強そうですもんねぇ、ベタすぎ。製作も名前のように、ペタ〜に定番の工作と塗装をするとしましょう。

コメント