スポンサーリンク

3号突撃砲A型とミハエル・ヴィットマン

3号突撃砲A型の製作続き。
A型製作の発端的な1枚の写真。1941年バルカン半島、まだあの有名なタイガー戦車に乗る前の若き日のヴィットマンです。この頃はLAH捜査大隊の突撃砲兵やってたそうですな。で、その時に車長を勤めたのが後ろに写っている今回製作の3号突撃砲A型というわけです。
記録写真ドンピシャのフィギュアキットがありました。タカハシモデリングのTH-17とTH-18


素材はレジンではなくメタル。色を塗るまでは分かりませんが、ざっと下地を塗っただけで秀逸な造形が姿を現しました。凄い、めっちゃよくできてる。。。。


全体をフラットブラックで塗っておいて、暗い色から明るい色に重ね塗りします。良き造形は基本的な事をマジメにやるだけで上手く仕上がりますな。


お二人、、、仕上がりこんな感じ。


で、車輌の方はというと、ヴィットマン搭乗車に在ったかどうかは不明なのですが、3突では定番の「ラック」を追加しました。


元ネタはこちら。LAHの中の1両。


一気に基本塗装を終えまして、、、、


勢いで足回りの汚しもスパスバブッシャーピッピッピ!で出来上がり。
次回は車上のウェザリングレポートです。

コメント

  1. ぷらもぱぱ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おひさしぶりです!相変わらずいい塗りですね~惚れ惚れします。この前僕もフィギュアを塗って自分的には良くできたと思ってたんですがタカさんの塗りを見て改めて自分自身まだまだだな~と思いました。ホント凄い塗りだと思います。また勉強させていただきます。 Like

  2. plamolog より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >ぷらもぱぱさん
    フィギュアの塗装が上手くいくかどうかはキット次第ってとこもありますからね、難しいですね。
    私はぱぱさんのフィギュア塗装好きですけどね〜。 Like