スポンサーリンク

ウィトルウィウス的人体図

久々にフィギュアを製作。
ダ・ヴィンチが描いた超有名な絵「ウィトルウィウス的人体図」を1/35スケールにして、それに合わせて手足の長さを決める。


フィギュアはブーツを履いてるので靴底の分やや長めに。この写真では右脚と両腕のサイズがちょっと長過ぎる。


ボディと平行してヘッドの製作も。ホーネットのヘッドにタンカースヘルメットを被せる。耳当てとベルト類は一旦削ってプラ板などで自作。
フィギュアは・・・やっぱり、、、作業量に対して効果がわかりづらいのが悲しいなぁ。疲れた。

コメント

  1. Bluebell より:

    SECRET: 0
    PASS:
    AM誌、拝見しました。すっかり「中須賀ワールド」というか、一目で中須賀さんと分かる作風が確立されてきましたね。
    これからも素晴らしい作品を期待しております。
    (ちなみに、今号には私と拙作もチョコンと載っております。) Like

  2. dachi-bin より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。
    AM買いましたよ!!
    シャーマン表紙でしたね!!
    記事もがっちり読み込みました!!
    これ『ウィトルウィウス的人体図』っていうんですね。前から使えるなぁ~~って思っていたのっだけど、全然、無関心でした。(汗)
    今度、利用してみます!!
    フィギュアの作業量と効果の度合い、最近かなり自分でもわかるようになってきました。(泣) Like

  3. plamolog より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >Bluebellさん
    おぉ!もう見られましたか! 一目で僕の作品とわかる・・・良い方にですかねぇ?アクがあるということか? ま、でもオリジナリティーの無さに不安を感じている僕としては嬉しいお言葉です。ありがとうございます。

    見ました見ました。モデラーズフリマのケッテンクラートですよね〜。ライトスタンドを持っていったって言うのでピンときました(笑)お姿もしっかり確認しましたよ〜。 Like

  4. plamolog より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >dachi-binさん
    まずはAM誌ご購入ありがとうございます! 表紙の写真、扱いは小さいですけどね(笑)

    人体図はフィギュアのスクラッチには便利ですよ。ちなみにウィキペディアに大きな画像があります。
    フィギュアの作業量ね〜。ほんと細かくて疲れますよね。 Like