スポンサーリンク

スミ入れ〜汚し

ウォッシングによるプラ割れにビビりながら「汚し」行程に突入する。
僕の場合、スミ入れのつもりでスタートするものの、いつでもなし崩し的に汚し(汚れ?)塗装にスライドしてゆく。始めは細筆で「チョンチョン」と丁寧にやっているのが、いつのまにか大きな平筆で「ベタベタ」とやっている自分に「はっ」とすることがある。
くせ者は砲身下の広くベタっとした平面。SFモノなら迷う事無くデカールを貼るか、モールドを付けてしまうところなのだが、スケールものはそうもいかない。この広い面積にどう間をもたせるかが仕上がりの善し悪しを左右する、と、鼻息も荒く「実物の写真を参考に」と見てみたら・・・、実車はしっかり「間延び」していた(笑)そのまま模型にしたらかなりカッコ悪い。

一転、後部上面には吸排気口やメッシュグリルなんかがあって、魅力的なモールドである。こういうのは誰がやっても簡単に「それらしく」塗れるというもの。これはありがたい。

さあ、次は荷物を積んで、更に汚しを深めていくとしますか。

コメント