スポンサーリンク

「コスモ・ゼロ」製作開始

バンダイから出た1/350宇宙戦艦ヤマトのキットに強烈に惹かれつつ、5万円近い驚愕の価格に完全に腰が引けてしまい、ヤマト繋がりで2,980円の「コスモ・ゼロ」で我慢した。
このあたりは、本当はタイガー戦車のキットが欲しいのに小遣いが足りなくてII号戦車で我慢した少年時代からなんら進歩していない。進歩したと言えば貴重な小遣いをはたいて買ったキットを爆竹爆破しなくなった事ぐらいか。

さて、コスモ・ゼロ。箱を開けてまず呟いてしまった一言は「高っ!」安売りで2980円になってたけれど定価は3670円(!)。うっそ〜ん、A4サイズぐらいの大きなランナー2枚でこの値段は高いなぁ。それこそタイガー戦車が買える値段だぞコレ。権利関係の事情をまったく無視した独断の僕的希望小売価格は定価1350円で安売り価格で980円といったところでしょう。まあ、ヤマト関連のプラモなんて僕らオヤジしか買わんだろうし3000円ぐらいでも買ってしまうのだが、う〜ん高いよなぁ。

さっそく組んでみた。慎重に慎重に作ってもサフ吹き完了まで二日かかりません(笑)
しかし塗装直前までの組み立てが楽なのは非常にイイ。僕は作りながら機体の構造などに感心して楽しむタイプではなく、とにもかくにも色を塗らせろ!汚しをさせろ!タイプなので、パーツ数が少ないのは大歓迎。「作りごたえ」より「塗りごたえ」重視。雑誌のレビューやメーカーさんの広告で「豊富なパーツで作りごたえのある・・・」とかのコピーが出てくるキットには近寄らないようにしている。すると、やっぱり「1/350宇宙戦艦ヤマト」は僕にとって近寄りがたいキットなのかなぁ。4万円出して苦労をするか、至福の満足感を味わうか究極の選択でもある。

コメント