スポンサーリンク

さらに錆び

一工程終わる度に更新する、ほぼリアルタイム製作記でございます。ヒマかオレは!(笑)

さて、今回は大きく「間延び」しやすい面を中心に、浮き出した錆びのような、塗装された金属板にあるがちなムラを付け加えます。
のせた絵具を乾いた筆で擦りながら伸ばしていくので、表面がテカテカになっています。このあと艶消しスプレーを吹きます。
この戦車の見せ場(独断ですが)である、だるまのような曲面が美しい砲塔。角Rの頂点になるラインの明度を上げて意図的に立体感を出します。これはエアブラシでも出来ますが、乾燥の遅い油彩の特性を利用して、じっくり狙いを定めて筆でぼかしていきます。
この砲塔デザインを眺めてると、絶対ザクの頭のデザインははココから影響を受けてるな、と思ってしまうわけです。

コメント