スポンサーリンク

立体感

「グラデーション」とか「シャドウ吹き」とか、あえて言うのはなんだか気恥ずかしいもので、完成品がイカしていれば、途中にどんな技法を駆使しようが関係なかったりすんですよ。
今どきモデラーにやたらに多い「○○名人の△△塗りで仕上げました」というような解説にややうんざりしながらも、その○○名人の技法を探りまくっている自分にまたうんざりしたりして(笑)
でもねー「シャドウ吹き」するとやっぱり自分でも「おぉ!」と思っちゃうんですよね〜。ここから「吊るし(=量産品の意味)」じゃなくなる、みたいな。
はたと周りのモデラーの作品を見回すと「シャドウ吹き」ぐらいじゃまだまだ「吊るし」の部類なんですけどね。

↑シャーマンは砲塔が命。燃えるな〜このデザイン。

コメント