スポンサーリンク

タイガー1極初期型〜ファースト・タイガー

タイガーの研究家でイラストレーターの寺田光男氏がグランドパワーで発表したこのイラスト見てピキピキっときまして。。。


所謂極初期の最も初期に生産実戦投入されたタイガー。最近の模型業界的にはアフリカに行った501重戦車大隊の車輌が話題ですが、こちらは東部戦線に行った502重戦車大隊の一輌。色々と研究が進んできて、ジャーマングレーの車体色の車輌を作ろうとすると、意外に対象車輌が少ない事が分かってきて、特にこの502大隊の車輌は貴重なんです。


組立てたキットはドラゴンの#6252。サイドスカートの設定すらない頃の超初期型。

第502重戦車大隊 レニングラード1943年 (3イン1) プラモデル DR6252


この頃のタイガーではまだゲペックカステンの設置は曖昧で、この車輌は3号戦車用の物を流用しているのが一番の特徴です。これがやりたくてこの車輌作ったってのもあります。


砲塔上のハッチは開閉可動式にしましたぜ。


なんかカッコ良いぞ


久々のジャーマングレー塗装。


カラーモジュレーションもグレーだと分かりやすい。


勢いでエナメルで冬季迷彩塗っちゃいます。

コメント